点描画の父スーラの短くも偉大な人生

誰もがその技法に気づくと魅了される・・・そんな作品を生み出した、画家スーラ。

点描画と言ってもスーラの作品は単純に点を置いているわけではなく、1色1色に緻密な計算がされているのです。

生涯最大の大作で代表作と呼ばれる『グランド・ジャット島の日曜日の午後』を制作するまでにどのような経緯があったのでしょうか。

今回は点描画の父と呼ばれたスーラの生涯についてをご紹介していきます。

生涯最初の大作が生み出されるまで

「点描画の父」として知られる19世紀のフランス人画家ジョルジュ・スーラの作品は、
今なお世界中の人々を魅了し続けています。

ひとたび彼の絵の前に立つと、鮮やかな色合いと巧みに散りばめられた点描の世界に引き込まれ、
時間が経つのを忘れてしまうほどです。

しかし、後世に大きな影響を及ぼすことになるスーラが歩んだ人生は、
実はあまりに短かすぎるものだったことをご存知でしょうか。

スーラは1859年にパリの裕福な家庭に生まれ、19歳のときに国立高等美術学校に入学します。

学業は兵役のため1年ほどで中断しますが、パリへ戻った後のスーラは友人とアトリエを共有しながら
画家を目指し、23歳のときに素描作品がサロンに入選しました。

この頃からスーラはのちの点描画作品のルーツにもなる大作
「アニエールの水浴」の制作を始め、1884年に完成させます。

部分的に点描技法を用いたこの作品は、現在では世界的に評価の高い絵画であることは言うまでもありませんが、
革新的な技法は当時のパリのサロンでは受け入れられず、落選をしてしまいます。

その後、1884年の独立芸術家協会展に出品しますが、会場ではなくバーに出品されるにとどまり、
人々の目に触れることはあまりなかったのです。

しかしスーラは点描画家としての道をあきらめることはなく、この作品をきっかけにさらに点描技法を究めていくことになります。

生涯最大の大作と点描技法の確立

スーラは「アニエールの水浴」を描いた直後に、生涯で最大の大作と言われる
「グランド・ジャット島の日曜日の午後」の制作に取り掛かりました。

「アニエールの水浴」1883年

「グランド・ジャット島の日曜日の午後」1884年 – 1886年

およそ2年もの長い歳月をかけて完成したこの作品は、縦2m横3mの大きなカンヴァス上に
約50人の人物が点描技法で丁寧に描かれているのが特徴です。

印象派の作家たちはこの作品に対してもかなり否定的でしたが、スーラの絵に興味を持った
カミーユ・ピサロの強い推薦で1886年の最後の印象派展に出展されて話題を集めます。

そして、スーラの点描技法を採用する画家が徐々に増えていき、
熱烈に支持する美術批評家も現れるようになりました。

こうして、スーラは新印象派としての地位を確立することになったのです。

スーラの点描画は一見法則など何もないように見えてしまいますが、
実はやみくもに点を置いていくことで表現しているのではなく、
論理的にも科学的にも綿密に計算されています。

筆触分割技法に光学的理論を取り入れたとされる独自の点描技法の法則が
さまざまな視覚効果を引き出し、光や影、人物、背景などを巧みに表現しているのです。

スーラの作品は絵画全体を見渡したときの淡く美しい色合いがとても印象的ですが、
いざ絵画に近付いて点描の一つひとつを見つめていくと、遠くから眺めたイメージとは
まったく違う不思議な色の組み合わせに毎回驚かされてしまいます。

スーラが後世に残したもの

研究熱心なスーラは1つの作品を仕上げるためにたくさんの素描や下絵を制作していました。

そのため、スーラが生涯で残した作品は非常に少ないのですが、モチーフや人物のポーズなどが描かれた
クロクトンと呼ばれる油絵下絵や素描などの小さな作品が数多く残っていて、
スーラという画家を知るうえでの大きな手掛かりとなります。

さらに、「グランド・ジャット島の日曜日の午後」を制作した際には、
作品の舞台となった公園のスケッチに多くの時間を費やしていて、
シカゴ美術館では作品とともに約60にも及ぶ油絵スケッチが常設展示されています。

どのスケッチも素晴らしい油絵作品として仕上がっていて、
ここでもスーラの類い希にみる才能を十分に感じるとることができるのです。

1886年以降のスーラは「ポーズする女たち」「サーカスの客寄せ」「シャユ踊り」と
順調に作品を制作していきましたが、1891年に31歳の若さで病気にて亡くなります。

生涯最後に制作した「サーカス」は、躍動感あふれる構図とスーラらしい独特の色のハーモニーで、
当時パリ市民の最大の娯楽であったサーカスの楽園的な世界を描き出している作品です。

残念ながら左側が未完成のままですが、この作品が収蔵されているオルセー美術館には、
美術界に鮮烈な爪痕を残した「点描画の父」スーラの短くも偉大な人生に思いを馳せる多くのファンが訪れています。

まとめ

●生涯最初の大作が生み出されるまで
・1859年にパリの裕福な家庭に生まれた。
・パリのサロンで落選したことをきっかけにさらに点描技法を究めていった。
●生涯最大の大作と点描技法の確立
・生涯最大の対策「アニエールの水浴」、「グランド・ジャット島の日曜日の午後」で新印象派としての地位を確立した。
●スーラが後世に残したもの
・作品は非常に少ないが、モチーフや人物のポーズなどが描かれたクロクトンと呼ばれる油絵下絵や素描などの小さな作品が数多く残っている。
・1891年に31歳の若さで病気にて亡くなる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です